水素水を買う訳

木曜日 , 31, 8月 2017 水素水を買う訳 はコメントを受け付けていません。

水素水に興味を持ち始めるまで、
水を飲むという習慣はあまり無かったように思います。

水道の塩素や錆などが気になって、浄水器は比較的早くから
取り付けていますが、
目的は、水そのものを飲むことよりも
料理や米とぎ、コーヒーやお茶の為、という事が主でした。

私の年代では、お茶や水が自動販売機で売り物になるなんて
考え及ばなかったものですが、
時代の流れや常識の変化に応じて、
数ある飲料水の中から。敢えて水を選ぶことも自然な事になっています。

さて、水素水を生活に取り入れようと考えた時、
家族が多ければ多い程、浄水器型やサーバー型の整水器を利用する方が
コスト的にもお得であることは判断できるのですが、
手軽さゆえでしょうか
アルミ缶やアルミパウチの水素水に気が向いてしまいます。

何故なのだろうかと、自分なりに考えてみました。

我が家では、水素水を飲む時間は大体夜です。
家族で分かち合いたいと考える為、最後に帰宅した者が駆けつけで飲む
タイミングです。
500mlを2~3人で分ける事が多いです。

他の時間帯には、今まで通りにお茶やスポーツドリンク、炭酸、ジュース等
であり、水を飲むことは殆どありません。
たまに水を飲む時でも、
浄水器の水を1度には精々200mlというところでしょう。

そんな習慣の中で、いざ水素水をと思った時に、
サーバーを設置して数分待って、一気に消費しなければならない条件では、
煩わしすぎます。

ならば、蛇口直結はどうかというと、本体価格やカートリッジ交換、
お手入れ等を考慮すると、勿体なさすぎます。

ですので、暫くは水道水メーカーのお試しパック渡りが続きそうです。