信頼のおける水素濃度で選ぶ

木曜日 , 31, 8月 2017 信頼のおける水素濃度で選ぶ はコメントを受け付けていません。

水素水の良し悪しは水素濃度にかかっています。
最近では様々なメーカーが売り出していて
選択に迷ってしまいますが、
公表されている水素濃度を信じて判断する他はないのでしょうか?

さにあらず。

「水素マニア」と称する方が、多くの水素水の溶存水素濃度を
メチレンブルーという試薬で測り、ユーチューブで知らせてくれています。

おそらく、各製品に提示されている水素濃度も
出荷時点では正しいものなのでしょう。
けれど、水素は周知の通り抜けやすいものですので
日が経つにつれて濃度も低くなってしまうことは致し方ない事です。

動画では、水素水の消費期限とされる4ヶ月を経過した製品を測定しています。

この動画を見て逆に、
こんな製品が有るのかという事を知ることにもなります。
そんな製品に
「ナノ水素水 アクティ」というものが気になりました。

「薬療研」という、元は漢方薬を販売していた会社のようですが、
2012年頃から水素水に注目しているという会社から出ています。

「アクティ」の公表されている水素濃度は1.6ppmです。
水素マニアさんの試薬実験の結果、4か月後の濃度は0.8ppmでした。

北アルプス立山連峰の天然水を使用し、
南九州の火山灰 シラスを用いて浄化した水に
水素ガスを直に接触させる、というのですからバブリング製法による
と思われます。

1本550mlのアルミパウチ製品です。
お試しセットとして、10本1857円が用意されています。
10本から120本までの一時買いが、1本250円から400円弱の価格で、
定期購入なら30本8856円ということです。

この水素濃度を考えると、リーゾナブルだと思います。